てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

2022年カタールで開催されるサッカーワールドカップの出場枠が32ヵ国で本当によかった。

f:id:Represent:20171214003259j:plain

どうも。テラです。


2022年にカタールで開催されるサッカーワールドカップの出場枠が32ヵ国に決定しましたね。個人的な感想ですがこれは本当によかった!

headlines.yahoo.co.jp


もともとFIFAの現会長は出場枠を32ヵ国から48ヵ国に増やすことへ前向きだったんですよね。そしてこのたび問題だったのが2022年から48ヵ国?それとも2026年から?という選択肢でした。


現行ルールの32ヵ国だとグループリーグと決勝トーナメントの振り分けが均等で、チームによって試合数が違ったりグループリーグの緊張感などのバランスが良かったんですよね。


現にヨーロッパチャンピオンを決めるユーロでは出場国を16ヵ国から24ヵ国に増やして影響で違和感を感じてしまいますよね。

スポンサーリンク



出場国が32ヵ国に決定したTwitterでの反応は?



やっぱり現行ルールの32ヵ国を維持されることで安堵している人は多いですね。

スポンサーリンク



それでもFIFAはワールドカップの出場枠を増やしたい

とは言え2022年の出場枠増加が見送られたとはいえ2026年のワールドカップでは48ヵ国が決定的との見方が強いです。なぜならFIFAは出場枠を48ヵ国に増やすことへ積極的だから。


これはお金の話が絡んでくるのですが、出場国を増やすことによって放映権やスポンサー料で金回りが良くなるからです。たしかに中国やアメリカなどのサッカー人気が高い大国が出場した方が企業側としてもスポンサードしやすくなります。


FIFAもボランティアや経費をかけないでワールドカップを運営しているわけではないのでお金の話はたしかに重要ですよね。サッカー人気が高いけど予選敗退を繰り返している中国がワールドカップに出場できたら…と思うとやっぱり出場枠は増やしたいところ。