てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

【ダイヤのA】降谷暁がすごい投手なのはわかったから打者視点で評価する

降谷暁の打者評価
f:id:Represent:20181221021233j:plain

どうも。「テラ」です。


青道高校野球部で主人公沢村栄純とエース争いをする最大のライバルをする人物「降谷暁」


1年生の夏大から先発投手の柱を務めた怪物ピッチャーという設定ですよね。秋大にはエースナンバーを背負い都大会優勝、センバツベスト8の立役者と一時期は沢村を寄せ付けない活躍を見せていました。


そんな降谷暁ですが、彼のもう1つの特徴として打者としてもめちゃくちゃ能力が高いんですよね。


正直なところ、これまでに降谷の投手としての能力は語りつくされてしまいました。


ということで今回の記事では「降谷暁打撃の評価」を個人的にまとめてみました。


スポンサーリンク



降谷はレフトの実質的なレギュラー

f:id:Represent:20181221021307j:plain
降谷の打順は主に5番.6番.7番とクリーンナップから下位打線にかけて努めます。


1年生の頃から投手として出場しない時は、レフトポジションの実質的なレギュラーという扱いをされていました。


レフトには初代3年生の坂井と門田、1つ学年が上の麻生などがいますが、主な出場機会は降谷がマウンドに立っている時か守備固めとしてです。


というのも降谷は長距離打者であり、入学当初から「あの長打をベンチに控えさせておくのがもったいない」と評価されていました。

実はホームランをそこそこ打っている

f:id:Represent:20181221021416j:plain
実は降谷のホームランを打つシーンは意外にも多い。わたしが数えてみたところ前園よりも多いです。


まず高校生活初本塁打は大阪桐生のエース舘さんからです。というか入部間もない1年生が全国レベルのピッチャーからホームランを打つのは草です。


第2号ホームランは夏大での薬師戦でしれっと放っています。ちなみにバックスクリーンの直撃の超特大です。


そしてダイヤのAact2に突入してすぐ、春の甲子園センバツ大会でのホームラン。


ダイヤのAはわりとホームランが少ない漫画ですが降谷に関しては小さいコマながらそこそこホームランを打っているんですよね。

スポンサーリンク



試合の行方を左右するような場面でのヒットは少ない

f:id:Represent:20181221021233j:plain
降谷の打撃成績ネタを記事にするあたって、降谷が出場した試合を一通り読み返しました。そこで気づいたのですが、降谷は試合を左右するようなチャンスではあまり打てていないんですよね。


そうなんです。実は降谷はホームランを打ったり強打者のイメージを与えておきながら、残念なことに活躍がしっかり描かれることは皆無です。


降谷の重要な打席を探してみると1年夏の稲城実業戦で、逆転の口火を切るヒットまでさかのぼらなければいけません。


1年秋大に関しては、怪我を抱えていたのでそもそも打者としての出場が少なく活躍はほぼありませんでした。

スポンサーリンク



さいごに

以上のことをふまえると「ホームランバッターではあるが大事なところで打たない」という評価になるでしょう。


チャンスでの貢献度は白州や麻生、東条あたりと同列と見られてもおかしくありませんね。


とはいえ打者として降谷を活躍させ過ぎたら、それこそ降谷中心の漫画になってしまうの上手くバランスが取れているとみれます。


結城弟が入学したこともレフトポジションでの出場は確実に減るでしょう。


今後の強打者降谷の活躍に期待ですね!