てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

【ダイヤのA】御幸一也大活躍の経歴と名シーンまとめ!実は根性論大好き?

御幸一也まとめ
f:id:Represent:20181217163300j:plain
どうも。「テラ」です。


青道高校でキャプテンを務める人物「御幸一也」。サングラスをしているあのイケメン君です。


キャプテン以外にも、複数の投手を束ねる正捕手と打者としては4番を打つ、青道高校で間違いなくナンバー1の存在感が放っています。


作中では非の打ちどころがないレベルで活躍しているハイスペックぶり。


ということで今回の記事では「御幸一也の経歴と名シーン」をまとめました。

スポンサーリンク


御幸一也のプロフィールと経歴

f:id:Represent:20181217163346j:plain
名前:御幸一也
出身:東京都/江戸川シニア
ポジション:捕手
投打:右投げ左打ち


御幸一也を簡単にまとめると

  • 1年夏から名門野球部で正捕手
  • 2年生夏大終了後にキャプテン就任
  • 秋大優勝の立役者
  • チャンスの打席ではめちゃくちゃ勝負強い

などなど…


高校入学直後から名門野球部で正捕手を任されるのはすごいことですよね。


しかしキャッチャーとしてのリードは基本的に「気持ちをぶつけろ!」「強気で攻めるぞ!」などとゴリゴリの根性論ですね。気持ちでどうにかしてしまうタイプ。


片岡監督も完全にモチベータータイプの人間なので青道高校は根性論の系譜が強いんでしょうねw

高島礼子のスカウトされて青道入学

f:id:Represent:20181217163222j:plain
御幸が青道高校に入学するきっかけとなったのが、青道高校野球部でスカウトを担当する高島礼子に声をかけられたこと。


江戸川シニアと丸亀シニアの練習試合に訪れていた高島礼子が当時中学1年生の御幸を2年生だと勘違いして声をかけます。


本来は来年度に受験を控えている2年生のスカウトが目的ですが、試合で目立っていた御幸が1年生だと気づかなかったのでしょう。


ちなみにライバルである成宮鳴にも稲城実業への勧誘を受けますが、それを断っての青道高校に進学。稲城実業の白河には「一生後悔すればいい」と煽られますw

クリス先輩の怪我により1年生ながらレギュラー

ここら辺の描写は主人公の沢村が入学する前の話のなので多くは描かれていません。


御幸が入学する前に正捕手を務めていた滝川クリス優の故障により、御幸は1年生ながら正捕手を務めることになります。


当初はクリス先輩とのレギュラー争いに燃えていたようですが、御幸の正捕手が3年間安泰ですね。

2年生でキャプテン就任

f:id:Represent:20181217163151j:plain
結城・伊佐敷世代の引退後、新生青道野球部のキャプテンを務めます。


当時の連載をリアルタイムで読んでいた読者の多くは御幸がキャプテンになると予想していたでしょう。


倉持はレギュラーだったけどスペック微妙だし、白州と川上は空気だし、当時の前園はモブ感強かったし…とまぁ御幸一択ですよねw


これにて「正捕手」「4番」「キャプテン」という称号を手に入れたハイスペック御幸が爆誕しました。

負傷しながらも秋大優勝に貢献

f:id:Represent:20181217163740j:plain
4番で正捕手でキャプテンの御幸君は秋大でも大活躍!鵜久森戦や成孔戦などの「ここで打たなきゃいけない!」という場面でことごとく打ちます。有能感が半端じゃないです。


準決勝の成孔戦で相手のデブとのクロスプレーでわき腹を負傷してしまいます。負傷の影響で調子を崩してしまいますが、怪我をチームメイトや監督に隠し続けて試合に出場しました。


青道って重大な場面で誰かしら怪我をして、ハンディキャップがある状態で試合に臨む…ってもうあるあるの展開ですよねw


怪我をして思うように動けない御幸でしたが決勝戦では前園の逆転タイムリーのお膳立てをするなど見せ場は非常に多かったです。

スポンサーリンク



御幸一也の名シーン

そんな御幸一也の名シーンを完全に個人的な感情で選びました。


異論・反論は多いと思いますがご勘弁を。

キャプテン向いてねぇわ

f:id:Represent:20181217163131j:plain
薬師高校との秋大決勝、9回裏守備の場面です。


怪我をして出場しており、もしかするとチームに迷惑をかけるかもしれない…。という判断が難しい場面ですが、御幸は「試合に出続けたい」とエゴを押しとおします。

成孔戦サヨナラHR

f:id:Represent:20181217163112j:plain
ダイヤのAにしては珍しい延長戦での決着。


成孔の小川にことごとく抑えられていた青道打線でしたが、御幸が打席に立つ前に「そろそろ点取ってやらねぇとお前ら投手陣に申し訳なくてよ」と言い放ちます。


そのセリフの直後のサヨナラホームランなのでカッコよさが半端ねーです。

インコース攻め

f:id:Represent:20181217163521j:plain
インコース攻めのドヤ顔は名シーンというか御幸の代名詞ですよね。試合の勝負所で高確率で描かれます。


「強気で攻めるぞ!」と基本的にゴリゴリの根性系キャッチャーです。論理的な思考の持ち主かと思われがちですが、意外と博打でリードするのが好きな模様w

スポンサーリンク


画像引用:TVアニメ「ダイヤのA」スペシャルサイト
画像引用:単行本ダイヤのA