てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

【ダイヤのA】有能?白州健二郎先輩の活躍したシーンまとめ

白州先輩厳選名場面集
f:id:Represent:20181213055432j:plain

どうも。「テラ」です。


青道高校のいぶし銀とも言える存在「白州健二郎」


初登場の2年生夏大から常にライトのスタメンに名を連ね、落合コーチをはじめとする青道高校野球部首脳陣からも絶大な信頼を得ています。


しかし、白州の特徴?として絶望的に影が薄い描写です。


基本的にチャンスの打席でもかなり小さめのコマ。そもそもチャンスで打席が回ってこない…。


コレといって試合を決定づける活躍を見せたことがない…。


果たして白州は有能なのか?


ということで今回の記事では「白州健二郎が活躍したシーン」をまとめました。

スポンサーリンク



前提として:白州の名シーンはない

はじめに前提として断っておきますが、白州にスポットライトが当たったシーンや試合を左右する勝負どころは描かれていません。


影の薄さで言ったら【麻生>東条>=日笠>>>>>白州】くらい目立たない。


そのためこの記事で紹介する白州の名場面は「ほとんど見せ場の無い白州だけど、それでも無理やり選んだレベル」なのでご了承ください。


この記事を読んでくれている人も「白州の活躍した名場面ってあったっけ?」と思い出しながら読み進めていただければ幸いです。

3位:白レーザー

f:id:Represent:20181213055337j:plain
白州の活躍した場面第3位は白レーザー。


ダイヤのAact2の8巻、白龍高校との練習試合のこと。白州のストライク返球が決まり補殺が決まるシーンですね。


白龍高校に対して好投する沢村を援護する渋い白州先輩が描かれています。


「これが白州の名シーンなのか?もっといろいろあるんじゃないの?」とツッコミを入れたくなる人も多いかと思いますが、白州先輩が活躍して尚且つスポットライトが当たった珍しいシーンです。


白州先輩にしては目立ちすぎているくらい。

スポンサーリンク



2位:真田のライトフライをスライディングキャッチ

f:id:Represent:20181213055349j:plain
白州先輩大活躍第2位は秋大決勝の薬師戦で真田のライトフライをスライディングキャッチするシーンです。


このシーンがノミネートされることに関して「そんなシーンあったか?」と思う人も多いでしょう。一応場面を説明しておくと42巻の1回裏の薬師攻撃です。


御幸が怪我を隠して出場していることに気づき「もし、御幸が試合に出れなくなったらー…」とわずか数コマですが回想しながら、初回の大ピンチを救うファインプレーが飛び出します。


ちなみにわたしが調べる限り白州唯一の回想シーンです。ダイヤのAと言えば活躍する場面で必ず回想が入る…という流れが鉄板ですが、地味な白州先輩の回想はこれが最初で最後です。

1位:成宮から内野安打

f:id:Represent:20181213055432j:plain
堂々の第1位は稲城実業との夏大決勝戦のシーンから。8回表青道の攻撃で「降谷→沢村→白州→倉持→小湊→伊佐敷→結城」と繋いで成宮から逆転弾を放つ…ダイヤのAの中でも胸アツな展開です。


当時の連載を読んでいた時はとてもワクワクしながら読んでいたのは今でも忘れません。


もちろん白州先輩も大活躍です。ページ数で表すとたったの3ページだけですが、しっかりと成宮から内野安打を放ち上位打線に繋げています。


その時に白州がガッツポーズと「しゃあ」と吠え、スタンドの応援にも「白州が吠えた…」と驚かれます。


この「白州が吠えた…」はニコニコ動画でめちゃくちゃいじられているので白州ファンは要チェック。

スポンサーリンク



さいごに:白州の後継者は加賀美貢太か

f:id:Represent:20181213054536j:plain
3年生の白州先輩の引退後の白州枠(地味に活躍するがスポットライトが当たらない外野手)に抜擢されるであろう人物が1年生の加賀美貢太。


落合コーチが注目する新入生ではあるものの、未だにセリフがなく特に活躍している印象も見受けられない。


新入生VS上級生との試合では4番を打っていたし、その後すぐに2軍に昇格していることを考えると、御幸世代引退後の新チームでは確実頭角してくる人物でしょう。


ポジションも白州先輩と同じライト…。間違いなく白州の後継者ですね。

画像引用:TVアニメ「ダイヤのA」スペシャルサイト