てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

バレンタインにモロゾフをプレゼント!2019年おすすめチョコ5選

バレンタインにおすすめするモロゾフのチョコ
f:id:Represent:20180926125750j:plain


バレンタインに手作り以外で渡すチョコレートの王道と言えば、ゴディバやヴィタメールが真っ先に思いつきますよね。


もはやバレンタインデーが近づくと、デパートの特設コーナーでバレンタイン商戦を繰り広げているのは2月の風物詩。


ただ、そういったハイブランドのチョコレートは高額なものばかりです。

  • お義父さん
  • 上司
  • 友チョコ


こういった人達にハイブランドの義理チョコを渡すのは予算的に厳しい…。けどあんまり安っぽいチョコも渡せない…。


ぶっちゃけゴディバの義理チョコを渡されても、嬉しいんだけど若干申し訳ない気持ちになるんですよね。


そこで「社会人が渡して恥ずかしくないチョコ」のおすすめブランドがモロゾフ。


モロゾフがおすすめな理由は「手ごろな価格」+「ブランドイメージ」というところ。個人的にモロゾフは社会人の義理チョコに最も適していると考えています。


ということでバレンタインに渡すモロゾフのおすすめチョコを紹介します。


ちなみに一番初めにもっともおすすめできるバレンタインチョコをあげるとしたら「フェイバリット」というチョコレートですね。可愛らしく定番の甘い系チョコが魅力です。

そもそもバレンタインに「モロゾフ」って?

まずはじめにモロゾフについてサクッと紹介。


モロゾフは1931年創業の神戸の老舗お菓子メーカーです。


モロゾフのイメージと言えばカスタードプリンを思い浮かべる人は多いでしょうがチョコレートにもかなり力を入れています。


高級感があるものの庶民でも手が届く手ごろな価格なので、バレンタイン以外でもプレゼントや贈り物に重宝されています。


バレンタインにプレゼントするチョコブランドである王道のゴディバと比較すると若干若者向けのイメージですね。ゴディバは年齢層は高めですが、モロゾフは20代~30代におすすめです。

プレミアムチョコレートセレクション

フルーツ、カフェ、キャラメル、プレーン、洋酒、ナッツの6タイプを詰め合わせたチョコレート。価格は1000円とハイブランドのチョコレートに比べるとかなり手ごろな価格です。


箱包装が高級感のある黒なので社会人などでちょっとした目上の人にプレゼントする義理チョコにピッタリでしょう。


ちなみにプレミアムチョコレートセレクションはモロゾフが販売するチョコレートの中で最もスタンダードの商品ですね。

ゴールデンファンシーチョコレート

ゴールデンファンシーは500円で9個入りのバラエティー豊かなチョコレートです。


中身はブランデー、塩キャラメル、クリームキャラメル、エキストラミルクなど定番を外した感がありますね。


缶入りの詰め合わせなのでバレンタイン感はあまりありませんが、おしゃれ度でいうとかなりセンスがいいチョイスです。

フェイバリット

モロゾフの定番商品で最もバレンタインらしい商品がフェイバリット。価格は750円です。


フェイバリットは魅力は箱から中身まですべてが可愛らしいことですね。中身はミルク、クリーム、バニラなどのチョコレートなので、甘いものが大好きな人にプレゼントするならフェイバリットがおすすめ。


個人的な意見ですが、貰って嬉しいモロゾフの義理チョコは間違いなくフェイバリットじゃないかなと思っています。

ファヤージュショコラ

これ、中身がどんなになっているかといいますと

f:id:Represent:20181024122707j:plain
画像引用:モロゾフ株式会社公式サイト

こんな感じ。


モロゾフの代表的なクッキーであるファヤージュをチョコレートでコーティングした商品です。詰め合わせの価格は2500円。


ファヤージュショコラの詰め合わせは価格とボリュームのどちらも高いので、大切なひとへのプレゼントにいいでしょう。


ちなみに詰め合わせだけでなく、バラ売りもしているのでそちらもどうぞ。

アルカディア

最後に紹介するのがアルカディアです。価格は180gで1000円。


アルカディアはチョコレートではなくクッキーですね。チョコレートはあんまり好きじゃない…といった男性のプレゼントにおすすめ。


味は4種類でカシューナッツ、アーモンド、ミックスナッツ、チョコレートチップと、ナッツが好きな人にはもってこいですね。


クッキーの生地は香ばしくカリっとしている上品なクッキーです。

さいごに

ちなみに今回紹介したのはバレンタインデーの期間限定商品ではなく、年間を通して販売されているレギュラー商品です。レギュラー商品を選んだ理由として、チョコを渡す相手が恋人ではなく義理チョコだからです。


バレンタイン限定チョコだと可愛すぎたり気合が入りすぎたりして、義理チョコという概念ではどうなのかな…?と思ったからですね。


本命や気になる人にはバレンタインの期間限定商品でもいいと思いますが、義理チョコを選ぶときは「貰って嬉しいけど、気を使わせない」というポイントが重要です。