てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

地元に友達がいないけど就職を期に帰ってみたら以外と充実した件

同級生に友だちいない…
f:id:Represent:20180629142639j:plain


地元に友達がいないことがずっとコンプレックスでした。ってかそれが理由で地元にはしばらく帰っていませんでした。


地元に友達がいないから地元で就職なんて絶対ヤダ!


知らない土地で新しく人生をスタートさせたい!


こんな感じで悩んでいる人も多いはず。


結果的にわたしは地元に帰って生活を始めましたが、自分が満足できるレベルでそれなりに充実した生活を送ることができています。


「地元に友達がいないことがコンプレックス」という方が地元に住むことへの参考にしてください。

スポンサーリンク



スペック

まず初めに自身のスペック

  • 地元に友達はいないに等しい
  • 虐められてはいない
  • 唯一の親友はマルチにハマって絶縁状態
  • 地元の結婚式には呼ばれない
  • 同窓会出席率50%未満
  • スクールカースト下の上
  • 高校進学を期に地元とは疎遠
  • 高校と大学には友達がいる
  • 20代中盤で地元に帰る


という感じで地元での扱いは空気というか典型的な非リア充ですね。

前提:そもそも地元の同級生に執着しない

f:id:Represent:20180530231714j:plain
SNSなどを見て自分が招待されていないクラス会や結婚式の二次会での写真を見ると悲しくなりますよね。わたしも学生の時は自分の知らないところで地元の人が集まっている写真を見ると落ち込みました。


でまぁその後ですね、社会人になってから初めて中学の同窓会に誘われたので出席しました。そこで感じたのが「地元の同級生と今更話してもあまり楽しくない」ということ。


そこで自分の完全に価値観が変わりましたね。自分が楽しくないのであれば、そもそも地元の同級生と絡む必要もなければコンプレックスに感じる必要がないのです。


地元を離れれば自分を受け入れてくれる土壌はあるし、そんな十数年前に確立したスクールカースト引きずって生きていくのあほらしいです。
www.tera-represent.com
www.tera-represent.com

スポンサーリンク



社会人になって新しい友達が増える

f:id:Represent:20171218172336p:plain
ということで転職を期に地元で新しい友達作りをスタート。とはいえ「友達作るぞ!」と意気込む必要はありません。


社会人の友達作りの市場では、自分が趣味などの興味を持ったことの活動をしていると自然に同じような人たちが集まります。


わたしが地元に帰ってからの人脈が増えた例として

  • サッカーの社会人サークルに入った
  • 職場の同僚がモンハン仲間になった
  • よく行くバーで仲良くなった


みたいな感じですね。


地元に同級生の友達がいない状況で不安を抱えつつ地元に住み始めたのですが、ぶっちゃけプライベートや人間関係などで寂しさや孤独感を感じることはありませんでした。


自分の興味がある趣味の分野を家の外から持ち出すと、自然に自分と気が合う仲間の輪に入れるというのがわたしの結論ですかねー。

「なんでもいいから人脈を増やしたい」は危険

f:id:Represent:20171214010528p:plain
これは完全に自分の失敗談ですね。


地元に戻ってきた当初は不安駆られ「どうにかして友達を増やしたい」と考えていました。


社会人でこういう思考の人は完全に養分ですね。ホームパーティーやイベントにほいほい着いていくのは愚の骨頂でした。


そういうのはほとんどマルチやMLMの類の情弱ビジネスの勧誘です。
www.tera-represent.com

スポンサーリンク



さいごに

社会人のプライベートの時間は自分の好きなことや興味があることにエネルギーを注ぐのが一番ですね。


住んでいる地域に知り合いや友達が少なくても人間関係は後から付いてくるもの。


ただし人間関係構築を優先するとマジで良いことないのでそれだけ要注意です。