てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

社会人の「地元に帰る」という選択肢を真剣に考えてみた。

f:id:Represent:20180629142602j:plain
故郷を離れて都会で生活している人なら誰しも一度は考えるであろう「地元に帰る」という選択肢。


就職・転職・将来の不安・結婚・失恋・家庭の事情などの人生の節目節目で意識することでしょう。


かく言うわたしも転職と結婚という節目で地元に帰ることを決意しました。


「今は東京に居たいけど、いつかは地元に帰りたいとも思う…」とタイミングを悩む人も多いはず。ということで地元に帰るという人生の選択肢を真剣に考えました。

スポンサーリンク


娯楽が失われる問題

f:id:Represent:20180530133539j:plain
ハッキリ言って地元が田舎だと本当に何もないですよw山と田んぼばかりで最寄りの駅まで徒歩30分とかザラです…。一度東京大阪を経験した人からするとマジで不便。


車に乗らないとどこにも行けないし、都会のトレンドが地方で楽しめるには数年間のタイムラグが発生するし、休日に出かける場所は大体決まっているし…。田舎の娯楽と利便性は結構シビアですよ。


一方の都会は物が溢れて供給過多になっているので基本的に消費活動をする分には一切不便がないんですよね。


美味しいレストランやレジャースポット、買い物に出れば欲しいものは必ず手に入るという利便性を持っているのは都会だけ。地元に帰ると消費活動と娯楽を楽しむ場所はかなり少ないです。

スポンサーリンク



仕事はあるのか問題

f:id:Represent:20180530133937j:plain
地元に帰ってから実家に住む、という選択をしたと仮定しましょう。


ガチの田舎の場合は通勤圏内の職場を探すことができるのか?という厳しい問題があります。人手不足で転職しやすいけど自分の働きたい職場が近くないことが課題。てかわたしはこの問題で結構苦しんだ。


その他に通勤用にマイカーを購入したりとい意外と大変。まぁ東京の満員電車の通勤もハードなのでそれに比べればいくらかマシかもしれませんが。


もちろん東京と地方じゃ給与水準もかなり違うので要注意。地方への転職で年収下がるのは覚悟したほうがいいでしょう。


逆に地方で仕事をする素晴らしいメリットがあって、都会に比べて圧倒的に独立やフリーランスとして活動しやすいんですよね。基本的に地方は供給が少ないので自分でスモールビジネスを展開するチャンスは多いです。

スポンサーリンク



東京は一生暮らす場所ではない問題

コレは地方育ちで進学や就職を期に東京に住んだ人が思うことですね。そもそも都会で生活する適正が自分にはなかったから地元に帰りたい、ということです。


このような思考になったら都会で生活するのほぼ無理じゃないですか?サッサと地元に帰りましょう。もちろんわたしも地方育ちなので気持ちは十分わかります。


20代のうちは刺激があっていいですが40代50代の将来の自分を想像すると都会での生活がきついんですよね。

  • 満員電車の通勤
  • どこに行っても人混み
  • 空気が汚い
  • 子育てしづらい


地方出身者からするとこれらは当たり前ではないのでストレスでしかないです。


都会暮らしの適正がない人は田舎に帰るという選択肢が一番現実的ですねー。