てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

【ダイヤのA】市大三高のかませ犬としての不遇の歴史を振り返る

不遇の市大三高
f:id:Represent:20180929162156j:plain

どうも。「テラ」です。


ダイヤのAに登場するライバル強豪校の市大三高。


漫画内の設定では「稲実・市大・青道が西東京地区のビッグ3」と評されているものの、ハッキリ言ってパッとしない立ち位置の学校です。


真中や天久などのドラフト候補生の投手が在籍していますが、典型的な「かませ犬」としてのポジションを確立しており市大三高にスポットライトが当たることはかなり稀。


ということで今回の記事は「市大三高のかませ犬としての不遇の歴史」をまとめました。

スポンサーリンク


前提として:かませ犬とは?

スポーツ・格闘技において選手やチームの調整のためや華々しい勝利を観客に見せ付けるために、意図的に対戦させる実力の劣る相手や、フィクション作品において主人公または強大な敵役の強さを見せ付けるためのやられ役を指すようになった。

引用:ウィキペディア

前提として「かませ犬」の定義をサッと説明します。ウィキペディアの引用を見てご覧の通りかませ犬とは、「強者の引き立て役」という立ち回りです。


よくある構図としては「主人公との対戦前にライバルVSかませ犬が戦ってライバルの強さを知らしめる」という、漫画の世界ではなくてはならい存在。


それでは市大三高のかませ犬遍歴を振り返りましょう。

スポンサーリンク



VS青道(1年春大)

f:id:Represent:20180929161033j:plain
出典:ダイヤのA 2巻8話
ダイヤのAで初めて市大三高が登場した試合。


主人公の沢村が入学した青道高校がどれだけ強いのか?を表現する為に市大三高がかませ犬としての役割を果たしました。


当時のダイヤのAでは「一軍メンバーが仲間」という表現がまだ少なく、読者や沢村からすると他人事のような試合なんですよね。


ちなみに春大での青道VS市大三高が書かれたのは僅か1話だけ。主人公チームがサクッと「西東京ビッグ3の市大三高」を倒したことにより読者の誰しもが「市大三高はモブ」と認識してしまったことでしょう。


ということで「御幸のキャッチャーとしての評価」「強力な青道打線」「エース丹波の不調」のアピールの場として市大三高は散っていきました。

VS薬師(1年夏大)

f:id:Represent:20180929162350j:plain
出典:ダイヤのA 11巻92話
市大三高のかませ犬としての大きな見せ場となったのが薬師高校との初対戦。


「準々決勝で市大三高」「市大との試合までに丹波は復帰を目指す」と夏大のトーナメント表が発表された時から青道高校は市大三高との試合を意識していました。


準々決勝進出を目指す市大三高の相手は薬師高校。初回に市大三高は6点のリードを奪い試合は楽勝ムード…。しかし進むごとに轟雷市を筆頭とする薬師の強力打線に押されていく市大三高。


轟雷市のコマ数が大きかったり、話のタイトルが「ダークホース」だったりと読者のほとんどが市大三高の負けを予測できたことでしょう。そもそも当時の市大三高のモブ感が薬師高校と比べて強すぎるんですよね。



案の定、市大三高が負けフラグことごとく回収していき薬師高校の勝利。この敗戦を期にかませ犬のポジションを確立しました。

スポンサーリンク



VS薬師(1年秋大)

f:id:Represent:20180929162156j:plain
出典:ダイヤのA 41巻361話
秋の東京都大会準決勝で市大三高は薬師高校との再戦に臨みます。


この時に市大三高の新エース「天久光聖」の登場したことにより初めて市大三高のモブ感が払しょくされました。


試合描写のほとんどが天久光聖を中心に展開されていきます。轟雷市に本塁打を浴びるものの、その後は薬師打線をバッタバッタと打ち取っていきました。成宮鳴に引けをとらないやべー奴の登場で誰しもが「秋大決勝は青道VS市大」を想像したことでしょう。


8回の市大三高ピンチの場面で薬師4番の轟雷市を三振に打ち取り天久光聖は覚醒モードに突入。しかし市大三高の役回りあくまでかませ犬です。


次の打者で真田に対してまさかの舐めプをして逆転タイムリーを打たれます。天久VS轟の最大の見せ場で勝利したにも関わらずその後、サクッと逆転負けをしてしまう…。作者の市大三高への扱いが凄まじいですね。

VS稲実(2年春大)

f:id:Represent:20180929162202j:plain
出典:ダイヤのAact2 6巻51話
沢村世代が2年生に進級した後の春季都大会で市大三高VS稲城実業の決勝。


この試合はたいして重要な試合でもないし試合の描写自体も少なかったので、記事にしようか迷ったんですが書きます。


だって、試合前から絶対に読者全員が稲実が勝つと予想できたであろう試合だからです。というか市大三高が勝つと思っていた人は絶対にいないでしょ?

両校ともエースの登板を回避したとは言え大した見せ場もなく市大三高は敗退。稲実にサクッと負けるあたりがなんとも言えない市大三高らしさですね。


といか天久が投げなかった理由が「寝違えた」って流石にヤバいでしょw



ということで以上が「市大三高のかませ犬としての不遇の歴史」でした。


天久光聖はかなりキャラが立っているのでもうちょっと見せ場があってもいいんですけどねー。果たして夏大はどうなることでしょうか。


おしまい