てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

【荒野行動】なかなか勝てない人必見!脱・初心者の方法まとめ

荒野行動初心者攻略
f:id:Represent:20180914123556p:plain


どうも。「テラ」です。


わたしは荒野行動をはじめとするFPSにおいて圧倒的な後発組です。


FPSのプレイ経験無しのわたしが荒野行動を初プレイしたのが2018年7月初旬。そこから仕事や育児の傍ら趣味程度に週3~4回プレイするようになり、初めてシングルで勝利するのに2ヵ月の時間を要しました。


今回の記事では荒野行動の初心者であるわたしが、初めてシングルで勝利できるまでに意識したことや実践した立ち回りの方法を紹介します。

スポンサーリンク



前提

「荒野行動やPUBGなどのFPSで経験の浅い後発組は勝利できるのか?」という問いに結論から言うとそれなりに難しいです。


FPS上級者と初心者の一番の違いは、実践で培った勝利に至るまでの思考だと思います。


ハッキリ言ってエイムの正確性や基本的な操作の習得は、荒野行動未プレイの人でも2日~3日あればそこそこできるようになるんですよね。


じゃあ上級者と初心者と何が違うのかというと

  • リスクマネジメント
  • 自分の置かれている状況の判断力
  • 様々な状況において選択肢の幅

つまり強い人の条件は技術<経験ってこと。ある程度操作を覚えても初心者は圧倒的にプレイ時間が短いことが勝つことの難しい原因です。


そしてここが荒野行動の面白いところですね。だって課金額が影響なくプレイヤースキルだけで競えて、ここまで面白いスマートフォンゲームは他にありますか?


ということで上手くなりたいのであれば「プレイ時間を確保すること」が大前提ということを覚えておいてください。

スポンサーリンク



上達するの方法

わたしがたどり着いた初心者がもっとも早く強くなる方法は「強い人のプレイを見ながら勉強して、ひたすらプレイする」ことです。


ざっくりとですが、どういう方法で上達するまでのプロセスを辿ればいいのかを説明です。

射撃場

f:id:Represent:20180914123546p:plain
「ホーム画面」→「レジャー」→「射撃場」


エイムに自信がなかったり狙撃銃で照準を合わせるのが苦手な人は、必ず射撃場でエイムの練習をしてください。ハッキリ言って射撃場ですら目標に対してまともにエイムを合わせるのが難しいようなら荒野行動で勝つのは不可能。


とは言え射撃場で30分~1時間くらい練習をすれば、初心者でも必ずある程度は上達します。射撃場は壁に設置してある的だけではなくCPUの敵が動き回っているので実践に近い形式でも練習できます。

現状の実力が「1キルすら難しい」という人はまず射撃場で練習してください。

激戦区に降りる

射撃場である程度のエイムを合わせるレベルにまで上達した次は実践での練習です。


個人的におすすめなのがシングルで敵が多い街に飛び降りるというトレーニング方法。


旧マップの激戦荒野でおすすめなポイントは

  • CentralCity
  • WestPier
  • OldTown
  • SouthTown

新マップの嵐の半島でおすすめポイントは

  • 都心新区
  • 豊の町
  • 湖畔の別荘

これらの街は敵と建物と物資が多いので練習にはもってこいですね。


あくまで練習なのですぐに負けてもかまいません。ここでの練習で上達しておきたいプレイヤースキルとしては

  • 近距離戦の戦い方
  • 建物を使った戦い方
  • 敵に狙われやすい危険な位置の把握

などを意識してプレーするとかなり上達が早いです。

ゲーム実況を観戦する

観戦やYouTubeのプレイ動画で上手い人の立ち回りを学んで、今度はそれを自分が実践していくだけでかなり上達します。


わたしが荒野行動上達のために参考に見た動画はコレ。



と、ここまでが初心者が上手くなる方法の結論なのですがそれだけじゃ脱・初心者の攻略法と呼べないですよね。


ということでここから先は、わたしがシングル初勝利まで意識したこと実践したことのまとめです。

プレイ環境はIOS推奨

まずは初めにプレイ環境を整えることから。


荒野行動に限らず基本的な事ですが、スマートフォン向けアプリをプレイするのであればIOS端末推奨です。


もちろんIOS推奨といってもiPhone5みたいな古い機種だと厳しいですが…。


我が家で所持している端末ですが

  • Expedia Z5 premium
  • Expedia X1
  • iPad air

の3種類。やっぱりandroidだと操作が本当に難しいんですよね。


動きがカクカクしたりラグが発生したりで、かなりハイスペックなandroid端末じゃないとハンディを背負ってプレイすようなもの。参考にですがIOSとandroidの比較動画を貼っておきます。

ちなみにgalaxys9のような最新のハイスペック機種であれば、ストレス無くヌルヌル動くことが実証済みです。


近々スマートフォンの機種変更を検討している人はゲームの操作性も考慮して機種選定するのがいいでしょう。

スポンサーリンク



設定

プレイする前に操作の「設定」を変更することは必須です。


設定の内容には個人差があるので一概に「この設定が最強!」ということはありません。


ただ間違いなくハッキリ言えるのが「デフォルトの設定はダメ」ということ。


それとこの記事は初心者向けの内容なので「斜め打ちボタン」については触れません。斜め打ちは初心者には難易度が高いので設定する必要ないかなと。


ということで初心者にいじってもらいたい設定を説明します。


ちにみに設定に関する参考になる動画はこちら。

照準の形

f:id:Represent:20180914123607p:plain
「設定」→「戦闘設定」→「スコープ設定」→「照準の形」です。


もっともオススメな照準の形は右側の円形の照準です。なぜこの設定が必要なのかというと、照準の形によってエイムの精度が違うからです。



こちらが参考の動画。


円形の照準では正確にエイムを合わせることができますが、他の形では精度が落ちてしまいます。早打ち勝負の近距離戦でエイムがズレるということは、敗北に直結しかねないこと。


ということで照準の形は円形が推奨。

スコープ感度

f:id:Represent:20180914123601p:plain
「設定」→「操作設定」→「感度設定」→「スコープ感度」です。


デフォルトのスコープ感度は「中」で設定してありますが「大」もしくは「カスタマイズ」が推奨。


スコープ感度で一番大切な項目が→「スコープOFF」です。これは通常の腰打ちの状態でスワイプした時の感度の調節です。


腰打ちの状態は突然の敵出現や近距離戦などとスピード感がとにかく重要。


ということで少しのスワイプ幅で自分の目線をを動かせるような設定が必要です。


参考までにですがわたしはカスタマイズでスコープOFFの項目を「124%」に設定しています。他の項目はデフォルトの状態です。

スポンサーリンク



序盤の立ち回り

ここからは立ち回りや戦闘などの方法を解説します。


攻略方法を調べると「早く降りて早く物資を拾う」と説明されていますが、「じゃあ具体的にどうやって実践するの?」というところですね。

950m降りを覚える


950m降りとはゲーム開始のヘリコプターから目的地まで最速で到達する方法です。950m降りの操作方法はこちらの動画が一番わかりやすく説明してくれています。


950m降りは試しにやってみると本当に簡単なんですよね。それでもってかなり早く地上に降り立つことができます。


ちなみに950m降りを実践するだけで着陸直後の戦闘勝率はかなり上がります。逆に自分が950m降りをせず、近くにいた敵が950m降りをしていたらほぼ負け。必ず実践してください。

敵が少ない街に降りる

本気で勝利を狙うのであれば敵が多い場所&危険なエリアに降り立つのは絶対に避けてください。


特にシングルでプレイするのであれば激戦荒野と嵐の半島問わずに、地名の無く家が4件~6件程の小さい集落におりるのがベストな選択です。


セントラルや都心新区に降りて最後まで生き残る…というのはかなり難易度が高いです。それでも勝てるのは選ばれし上級者だけなので、わざわざ危険を冒す必要はないでしょう。


スクワッドやクインテットでプレイするのであればチーム内で物資を分け合う必要があるので、そこそこ大きい街に着地するのもいいでしょう。

アサルト小銃を手に入れる

f:id:Represent:20180914123536p:plain
着陸直後の戦闘に勝つ条件は「アサルト小銃を入手すること」が全てです。技術や立ち回りは一切関係なく、着陸後数秒間の戦いでは武器の性能で勝敗が決します。


ただ初心者は「アサルト小銃」って言われても、どれがどの武器なのかが把握するのが難しいです。


アサルト小銃を簡単に言うと「7.62mm弾(赤い弾薬)」か「5.56mm弾(黄色い弾薬)」を使用する武器のこと。これらの弾薬を使う武器を優先的に拾いましょう。


ちなみに細かい武器の名前を挙げると

  • AK-47
  • S-ACRM4A1
  • 95式
  • M27
  • M16A4
  • 81式小銃

などのこと。まぁ初心者に武器の名前を覚えるのは難しいから「7.62mm弾(赤い弾薬)」か「5.56mm弾(黄色い弾薬)」ということだけ覚えていればOKです。

ある程度の物資が揃ったら街を移動

これは序盤戦でかなり重要なことなのですが、今いる街の物資をある程度拾い終えたら次の街に移動しましょう。


やっていけないことは「自分のいる街に敵を全員倒そうとすること」です。これやるとかなり勝率さがります。


自分が有利な位置取りでの戦闘や突発的に起きた戦闘であれば戦う必要があります。しかしわざわざ自分から戦闘を仕掛けに行くのはそれだけ敗北のリスクを負うだけ。


「戦わなければいけない場面」と「戦わなくても済む場面」をハッキリと分けましょう

スポンサーリンク



ゲーム中盤~終盤にかけて獲得しておきたい物資

中盤戦からはアンチが縮小する終盤戦に向けて物資を充実させながら行動したいところ。


しかしリュックの容量に限りがあります。というこで中盤戦で拾っておきたい、終盤戦で必要になる物資を説明します。

アサルト小銃と狙撃銃

f:id:Represent:20180914123536p:plain
まずは武器を充実させるのが最優先ですね。プレイヤーは武器を2種類持つことができるので、その2種類の組み合わせです。


おすすめの組み合わせは、「アサルト小銃と狙撃銃」一択でしょう。


「それらの中で一番強い武器はどれ?」って疑問になりますが、武器の強さはアップデートのたび変化するので一概に「これが最強の武器」ってやつがないんですよね。


あえて言うならアップデート後にゲームウィズが掲載している武器ランキングで、その時に一番強い武器を調べるのがいいですね。

回復アイテム

特に重要なのが「医療箱」と「スポーツドリンク」の2種類。


この2つは落ちていたら全て拾いましょう。


中盤戦以降に「包帯」はあまり必要ないですね。「応急処置キット」は1個~2個持っていれば大丈夫です。

スコープ

「8×スコープ」と救援物資で獲得できる「15×スコープ」は終盤戦で必須のアイテムになるので必ず拾いましょう。


スコープは狙撃銃に付けるのがおすすめですね。アサルト小銃にスコープを付けて、遠距離戦をしてもエイムがズレやすいからなぁ。

投げ物

投げ物は

  • 破片手榴弾
  • 閃光弾

などが実は初心者でもかなり使い勝手がいいです。


終盤戦に使いどころがやってくるので3個~4個もっていると便利ですね。

スポンサーリンク



終盤の立ち回り

中盤戦で物資を充実させたらアンチがかなり小さくなる終盤戦です。


目安として「残り10人」くらいからの立ち回りです。

スナイパー対決

ほとんどの場合はアンチが小さくなると草むらでの戦いが多くなります。敵とは一定の距離を保ち、障害物に隠れながらの狙撃銃を使ったスナイパー対決が多くなります。


敵との距離が近くなればアサルト小銃で応戦しますが、他の敵に見つかったりとリスクが高いので近距離戦はなるべく避けたいところ。

動き回る

アンチが小さい終盤戦で一番大切なことが「常に動き回る」ということですね。


終盤戦はスナイパー対決がほとんど。もちろん生き残っている敵も基本的に狙撃銃で遠距離戦を挑んできます。


そこで「動きを止める」ということは、敵に狙撃銃でヘッドショットを食らう可能性がかなり高くなりとても危険になります。


木や石に隠れているから大丈夫…と動きを止めていると自分が把握してないところからサクッとやられてしまいます。


自分が気づいてない位置から敵に狙撃銃で狙わても、細かく動き続けてさえいれば一撃で倒されることはまずないでしょう。

木と石を盾に戦う

終盤戦に限らず戦闘の基本ですね。


木や石が無いところで敵に狙われた逃げようがありません。


絶対に木や石などの障害物を見つけて、それを盾にして戦ってください。

伏せない

f:id:Represent:20180914123551p:plain
伏せるというのは、匍匐前進の体勢ですね。初心者は結構やってしまいがちですが、終盤戦において伏せるのはかなり危険です。

  • 動きが遅く逃げずらい
  • ヘッドショットを食らいやすい
  • 草むらに隠れたとしてもバレやすい

と良いことないですよね。


しつこいようですが、アンチが小さい終盤戦の基本は狙撃銃で狙われないようにとにかく動き回ることです。


伏せることは終盤戦でのセオリーと真逆の行動なのでおすすめできませんね。

スポーツドリンクを飲みまくる

スポーツドリンクって体力が満タンの時に飲んでも効果があります。


回復の貯金的な?スポーツドリンクの効果が続く期間であれば、後から受けたダメージの分も回復してくれます。

投げ物を使う

残りの人数が少なくて状況で

  • 敵の位置がわからない
  • 建物の中にいるかもしれない

などの場面で有効です。


アンチが小さなっているところで使用すると、敵になにかのアクションがあり居場所を見つけることができるので使ってみる価値ありです。

スポンサーリンク



その他戦闘のコツ

ここからは説明するのは序盤~終盤に関係なく使える戦闘のコツです。


基本的にテクニカルなことではないので、すぐに実践可能。

敵が建物の中にいたら窓から攻撃する

近距離戦の場面。敵が建物の中にいるのがわかっている。


初心者がやりがちなミスは、自分も家の中に入って建物内での戦闘をしてしまうことです。


この場面におけるもっとも有効な立ち回りは、建物の外を一周して窓から敵に攻撃することです。これ以外と敵に気づかれずに倒すことができるんですよね。


敵の心理としては「扉から相手が入ってきたところで近距離戦を挑む」そんな感じで構えているので、わざわざ敵の思惑通りに戦う必要はありません。


ちなみに相手が2階にいるのであれば、窓から破片手榴弾を投げ入れるのが有効。

足音の種類を把握する

足音には2種類存在します。

  • 建物内の足音「カツカツ」
  • 外の足音「ざっざっ」

といったところ。足音のアイコンだけで判断できない情報ですね。


敵の場所を予測するのに非常に有効です。

他人の戦闘に巻き込まれない

他人というか敵同士が戦っているところに、参戦するのは非効率な戦い方ですね。


敵同士がやりやってくれているのあれば、わざわざ自分が介入する必要はありません。敵同士の戦いの決着がついて、まだ敵が自分の存在に気がついていいない状態で戦闘に入りましょう。


狙い目としては「敵が倒した相手の物資をあさっている」タイミングがベストですね。


戦闘を移動タイミングは非常に大切です。

深追いはしない

敵が自分の存在に気がついていない状況で、敵の姿を発見した時に…

  • 武器の弾数が少ない
  • 敵が車で逃げようとしている
  • 遠くにいる敵だし狙撃銃で狙う自信がない
  • 敵が隠れやすい位置にいる

といった「戦闘を挑んでも勝ち切る自信がない」場合は、自分が有利だとしても戦闘を始めないのも選択肢の1つです。


もし倒すことができなかった時に「返り討ち合う」という以外にも、銃声で他の敵に居場所がバレるというデメリットがあるので無理しなくもいいでしょう。

ガン待ちをしない

ガン待ちというのは「建物内の死角で相手を待ち伏せする行為」です。ガン待ちは初心者がやってしまいの戦法ですが、ハッキリ言ってかなり弱いです。

  • ガン待ちは100%バレてる
  • 敵が先に撃ちながら侵入してきたら勝てない
  • 背後からくる他の敵に気がつけない


などともはやカモですね。

スコープのエイムは腰打ちで合わせてから覗く

狙撃銃で遠くにいる敵に攻撃する場合「スコープを覗く前に大雑把でいいから腰打ちの状態でエイムを合わせる」という準備を初心者は忘れがちですね。


スコープを覗いていたものの自分がどこを向いているのかわからなくなり敵を見失った…なんてことでは本末転倒。


敵を見つけたら腰打ちでエイムを合わせる。それからスコープを覗くと照準が合わせやすいです。

早めにアンチに入る

f:id:Represent:20180914123556p:plain
ゲーム開始後1回目のアンチ縮小なら問題ありませんが、2回目以降のアンチ縮小に対しては早めアンチ内に移動するのがポイントです。

理由としては

  • 戦闘で有利なポジションの確保が優先
  • 次のアンチ対応しやすい
  • アンチ境界線は待ち伏せに合いやすい


といったところ。


アンチが迫っているのに車が見つからなかったり戦闘に巻き込まれたりしていると、中盤戦以降の立ち回りが全て後手後手になるんですよね。

スポンサーリンク



さいごに:それでも勝てなかったらクインテットでプレイ

かなり長くなってしまいましたが、わたしが初めてシングルで勝利するまでの道のりでした。


ただ1つ言えることは「シングルで勝利できたのは運の要素もある」ということ。未だに2回目の1位は未達成なんですよねー…。


そこで個人的に思うことが、初心者こそ野良でクインテットをプレイすのがおすすめです。


クインテットって結構面白くて

  • 初心者でも1位になりやすい
  • 上手い人とフレンドになれる
  • 上手い人の立ち回りを見れる


みたに初心者からするとかなりうま味があるんですよね。もちろんたまに変な奴もいますが…。


ということで、完全初心者の人は「初勝利」に向けて日々頑張りましょう!


おしまい!