てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

親子遠足に父親が参加したら地獄だったという話

f:id:Represent:20180604164423j:plain
子供と2人で幼稚園の親子遠足に参加した時の話し。


どうも。「テラ」です。


幼稚園や保育園の一大イベントである親子遠足。


妻の体調が悪かったため息子と共に急遽父親のわたしが参加することになりました。


結果的には親子遠足に「父親が参加する」というの本当におススメできないです。


父親本人もキツイし周囲の人にも気を使わせてしまうという地獄のような1日なるので、親子遠足に参加を検討しているパパはどうか考え直した方がいいですね。

スポンサーリンク


とにかく浮く

f:id:Represent:20180604164423j:plain
先生達は決して口にしませんが、親子遠足には「親同士の交流を深める」というサブミッションがあるんですよね。


コミュ障だからと言って誰とも会話せずに親子遠足を終えるのはかなり難しいです。ていうか無理。


あのママ同士の独特な雰囲気にパパが1人で乗り込んでいくのは本当にきついですよ。


間違いなく浮きますし、周囲のママ達も若干気を使うしであんまり良いことないかもですね。


自由時間を子供と2人きりで遊ぶ…なんてことになる恐れもあるので気をつけてください。

お弁当の時間が地獄

父親参加の親子遠足の最大の山場は間違いなくお弁当の時間です。


多くの場合「仲のいいママ同士が子供を交えたグループを結成してお弁当を食べる」という感じですね。自然とママ同士が集まってこういった流れになります。


ここで他のママ達と打ち解けることができていないパパは、自分の子供と2人きりでお弁当を食べなければいけないのです。


これ子供にとっても最悪ですよね。


せっかくの遠足なのに親が原因で友達と一緒にお弁当を食べることができない…。


気を使って周囲のママさんが声をかけてくれて一緒に食べることができても父親本人はきついですよね。

  • 名前も顔も知らないママ達
  • 子供の友達の名前もわからない
  • 妻のメンツを潰してはいけない


子供と2人でお弁当を食べるのも地獄、ママ友の輪に入るのも地獄…

スポンサーリンク



若くてコミュ力に自信があるパパなら参加するのもあり

f:id:Represent:20180530134447j:plain
ここまで紹介した「父親が親子遠足に参加しない方がいい理由」を乗り越えられる自信があるパパなら参加しても問題なさそうですね。


問題無く父親が参加するのに必要なの能力は若さとコミュ力です。


父親がママ友の輪に入るのに「周囲と一回りも年が違うパパ」だと、どんなにコミュニケーションに長けていても話しが噛み合わなかったり気を使わせてしまう結果になるでしょう。


そして何と言ってもコミュニケーション能力が一番大切です。


少しでも「口下手」や「人見知り」などと感じているのであれば親子遠足の参加はおススメできませんね。

さいごに

親子遠足に父親が参加してみて感じてことは、まだまだ育児に父親が母親と同じレベルでコミットできる土壌が整っていないということ。


ママ同士の付き合いの場に父親が参加するのはそれなりに覚悟を持って臨んでください。


もしどうしても父親が参加しなければいけない!という場面になったら

  • ママ友の情報
  • 子供の友達の情報


などを奥さんから事前にリサーチしておきましょう。


そういった情報があるのと全くないのでは当日の過ごし方がかなり変わるでしょう。