てらレペっ!

パパブロガーです。20代30代の読み物【てらレペっ!】運営中。夫婦円満かつ自由に生きることに全力を注ぐアラサー。日々の出来事や感じてる事をつづっています。

てらレぺっ!

MENU

バックパッカーや旅行初心者必見!海外旅行でのゲストハウスの選び方

スポンサーリンク

f:id:Represent:20180518180304j:plain
どうも。「テラ」です。


海外のゲストハウスってバックパッカーが宿泊する施設のイメージが強いけど、以外と一般の旅行者でも安心して利用できます。

事前に予約してクレジット決済を済ませておくことができるし、Expediaなどの口コミを見ればゲストハウス選びも簡単です。

というわけで今回の記事は「ゲストハウスの選び方の7つのポイント」を紹介しますね。

関連記事:貧乏旅行!2泊3日の香港とマカオ旅行にかかった費用(予算)まとめ

関連記事:海外旅行に激安で行く方法!費用を抑えるためのポイント6選

関連記事:香港のゲストハウス「重慶大厦」で宿泊する際に注意することまとめ

スポンサーリンク


口コミ

さっきも書いたけどExpediaを使えば予約の段階でゲストハウスの口コミや部屋の写真を見ることができます。

日本人に人気都市のゲストハウスの多くは日本語で口コミが書かれています。

実際に宿泊した生の感想を見ることができ超参考になります。

予約サイトに掲載されている写真はゲストハウス側が精一杯良く見せた写真なので実際に宿泊するとギャップを部屋の広さや清潔感にギャップを感じるかもしれません。

日本人宿

海外旅行初心者の人にとって見れば超重要。絶対に日本人が経営しているゲストハウスに宿泊するのを強くオススメします。


日本人宿のに宿泊するメリットとして衛生面やサービスが日本人向けになっていることが多いです。
またスタッフが日本人なので要望を伝えやすかったり、現地の情報を聞けるのでかなり安心感を感じれますよ。


まぁ旅上級者のバックパッカーの人は気にならないかもしれませんが。

衛生面

ゲストハウスの衛生面は実際に部屋を見てみないとわからない場合があります。

予約サイトに掲載されている写真も基本的に盛られているので、口コミから判断しましょう。
汚いゲストハウスだとシャワーを使うのに躊躇したり、ベットで寝たら身体が痒くなったりすることも…。

freeWi-Fi

正直なところWi-Fi設備のないゲストハウスは完全にオワコン。ポケットWi-Fiやデータローミングを利用していれ別ですが…

やっぱり宿泊先でネットが使えないのは痛いですよ。海外SIMを購入しても利用制限はあるし。

海外旅行って調べ物が多いので宿のfreeWi-Fiは本当に大事。

ちなみにデータローミングは無制限でネットを使えるけど超割高だから絶対におススメできません。

1日あたり2980円ですよ?4泊5日の日程ならスマホ料金だけで15000円近くかかります。

スポンサーリンク


立地

さすがに最寄り駅がめっちゃ遠かったり、ゲストハウスの回りの治安が悪い地域だとあんまりオススメできません。


ゲストハウスの立地って意外と重要でわかりづらい場所に建ってたりすと中々たどり着くのが難しいんですよね。

エアコン

仮にですけど東南アジアに旅行に行った場合、エアコンが無いと暑苦しく寝れないんですよね。

日本の夏ですらエアコンが無いとキツイので東南アジアはもっと過酷。

エアコンがない部屋に宿泊すると地獄を見ることに…。

個室?ドミトリー?

ドミトリーとは相部屋のことです。

断言できるのが海外旅行初心者は絶対に個室を選んだ方がいいです。

理由として

  • 貴重品の自己防衛が未熟
  • 英語が話せないのにゲストハウスのマナーを守るのは難しい
  • 知らない外国人と寝るのはプレッシャー

ドミトリーは異国の旅人と交流できるメリットはありますが、宿泊代をケチった旅行初心者であればドミトリーを回避するのを推奨。

価格

  • 立地
  • 衛生
  • Wi-Fi
  • ドミトリー



これらをすべて総合して納得のいく価格で宿泊できるかが最後のポイントですね。

ヨーロッパやアメリカみたいな物価が高い地域を除けば2000円~3000円くらいのゲストハウスであればかなりいい宿が見つかるはず。



海外の都市部では日本のカプセルホテルレベルのサービスや設備を提供しているゲストハウスが増えています。

LCCと同様に、低予算でも海外旅行に行ける可能性を秘めているのがゲストハウスです。