てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

入院中にポケットWi-Fiは必須!短期レンタルやプランを解説!

2018年10月24日更新
f:id:Represent:20180301221019p:plain

寝たきりで退屈な入院生活でもっとも有効な暇つぶしがスマートフォンを使ったネットサーフィンです。


Google検索以外にもInstagramやYouTubeなどを見て1日を過ごす人は多いのではないでしょうか。というか基本的にスマホをいじる以外にやること無いのが実情。


しかしスマホを使い続けることで発生する重大問題があります。それは「通信速度制限」です。


通信速度制限にひっかかると、翌月になるまでネット回線のスピードが遅すぎてスマホが使い物にならないんですよね。

通信速度制限は入院後すぐに襲い掛かってくる

f:id:Represent:20171214005038j:plain
一般的な人の多くは、スマホのデータ通信料を3G~8Gくらいで契約している人がほとんどでしょう。


そういった契約で入院中に1日中スマホでネットを繋いでいると、2日~5日くらいで通信速度制限になりますね。


ちなみにfreeWiFiが導入されている病院は全国を探してもまだまだ少ないので期待できません。


ということで入院が決まったらなるべく早めにポケットWiFiを用意してネット環境を整えましょう!


念のために看護師さんに「ポケットWiFiを持ち込んでいいですか?」と確認してください。


ほとんど拒否されることはないかと思いますが、まれに医療機器の関係で電波の制限がある場合も考えられるので一声かけておきましょう。

短期のポッケトWiFiレンタル

ポケットWiFiはネット申し込みでレンタルできるサービスが多く提供されいます。


入院中にレンタルするポケットWiFiは「国内専用」と「短期~中期のレンタル」のサービスを選ぶ必要があります。


間違えて海外旅行が用途のポケットWiFiをレンタルしたり、2年縛りの利用期間が長いポケットWiFiと契約すると、余計な支出がかさみ割高になってしまうので要注意。


また一応前提として、ポケットWiFiのレンタルはネット申し込みとなります。店頭で取り扱っている短期のポケットWiFiのレンタルサービスは基本的に旅行者向けなのでかなり高額です。


ということで入院中におすすめのポケットWiFiレンタルサービスを紹介します。

WiFiレンタルどっとこむ

f:id:Represent:20181020162655p:plain
【Wifiレンタルどっとこむ】

WiFiレンタルの最大手のビジョンが運営しているサービス。WiFiレンタルどっとコムはプランや機種が豊富なので、個人的な感想ですが一番おすすめできるWiFiレンタルサービスだと思っています。我が家も妻が切迫早産で入院した時にWiFiレンタルどっとこむを利用しました。


申し込み方法はネットから。13時までの申し込みで最短翌日お届けされます。受け取り方法は宅配かコンビニ受け取りなので、既に入院中であれば家族の誰かに病院まで運んでもらう必要がありますね。


返却法もポストに投函するだけなのでかなり楽ですね。ちなみにレンタルの延長方法もかなり簡単で、返却日に返却しなければ自動延長となり面倒な手続きが必要ないのも魅力。


【Wifiレンタルどっとこむ】




J-wifi

f:id:Represent:20181020173135p:plain
【J‐WiFi】

J-wifiは「機種選定が簡単」という理由で使いやすいサービスですね。


その理由を細かくあげると

  • 取り扱い機種が3機種のみ
  • 全ての機種のレンタル料がそこそこ安い
  • 全ての機種において通信容量無制限

といった感じですね。


「手ごろな価格でポケットWiFiをレンタルしたいんだけど、機種の選び方がわからない」という人には、とにかくわかりやすいプランです。


ネットからの申し込みで地域と曜日によっては翌日の受け取りが可能です。


【J‐WiFi】




東京WiFiレンタルショップ

f:id:Represent:20181020174304p:plain
【東京WiFiレンタルショップ】

名前に「東京」の文字が入っていますが、もちろん東京以外の地域でも利用できます。


東京WiFiレンタルショップは90日以上のレンタルで適用される長期割プランがあります。まぁ他社と比べてどれくらい安くなるかは月並み程度ですね。


Y!mobileの格安プランを売りにしているので、それが目当ての人なら必読のサイトです。


【東京WiFiレンタルショップ】




どうやってプランや回線を選べばいいの?

f:id:Represent:20180530171153j:plain
以上が短期のポケットWiFiレンタルサービスでした。


ただしWiFiの契約を自分でしたことがない人は、どうやってプランや回線を選べばいいかわからないですよね。


といことで、回線の選び方やレンタルする機種のポイントをサクッと解説します。

おすすめ回線はsoftbankかAU

まずは回線の選び方。


回線には5種類あって「ドコモ」「softbank」「AU」「WiMAX」「Y!mobile」が定番として扱われています。


個人的におすすめ回線は「ドコモ」「softbank」「AU」のどれかですね。これらの回線のメリットは繋がりやすさ。「ポケットWiFiをレンタルしたけど電波が入ってこない…」という心配はほとんどないでしょう。


次点で「WiMAX」です。「室内にいると電波が入ってこない」という不安もありますが、多くの場合病室には窓が設置してあるので基本的に心配ないでしょう。


ちなみにですが「使っているスマホはドコモなんだけど、AU回線のポケットWiFiをレンタルしても使えるの?」と悩む人ものいますが、スマホと回線のキャリアが別でも問題なく使えます。つまり回線とスマホの相性みたいなのはないので、どの組み合わせでもネットにつながります。

通信容量無制限の商品を選ぶ

f:id:Represent:20180222140608j:plain
レンタルするポケットWiFiを選ぶうえでかなり重要ポイントです。データ通信無制限の商品を選びましょう。もしくはデータ通信無制限(3日で3G)のようなものでも構いません。


せっかくWiFiをレンタルしたのに、1ヶ月に使える通信料が制限されていると元も子もないんですよね。


ストレスなくネットを使うのであればデータ通信無制限は絶対に必要です。

予算は1日あたり250円以内

f:id:Represent:20181011174005j:plain
ポケットWiFiのレンタル料を1日平均に割ると200円前後の商品がおすすめですね。


どんなに高額でも1日あたり250円を超えるようであればその商品は考え物でしょう。間違えて海外旅行用のポケットWiFiをレンタルしようとしているかもしれません…。

結局最もおすすめの機種は?

ここまで説明しても「どの機種にすればいいか迷っている…」という人向けに。


もし今わたしが急に入院することになった場合、選ぶであろうポケットWiFiはこれ。

「J-wifiの601HWレンタルページはこちら」

  • データ通信量無制限(1日で3G以内)
  • 1日あたりの料金が200円前後
  • ソフトバンクなので、電波が入らないという事態は考えずらい


ここまで紹介した機種選定のポイントを全てクリアしているので満足できるネット環境が整うでしょう。


データ通信量無制限のプランではありますが1日あたり3Gまでしか使えません。一般的な使い方で1人で1日3Gも使うことはまず考えられませんが、同室の患者さんと回線を分け合うともしかして3Gを超える可能性もあります。

「J-wifiの601HWレンタルページはこちら」

最後に

仮定の話ですが「通信速度制限になってから、携帯キャリアから1Gづつ追加購入する」というのは最もコスパが悪い手法です。


多くの場合「1G追加=1000円」と信じられないくらい高額です。入院中の1Gなんて1日持たずに使い切ってしまう量なのでただただもったいない。


以前に妻が入院した時の経験では1日で1G以上使っていたので1Gづつ追加購入は考えられませんでした。


そう考えると通信量無制限のWiFiは必須となってくるので、入院が決まったらなるべく早めに準備することをおすすめします。