てらレペっ!

パパブロガーです。20代30代の読み物【てらレペっ!】運営中。夫婦円満かつ自由に生きることに全力を注ぐアラサー。日々の出来事や感じてる事をつづっています。

てらレぺっ!

MENU

切迫流産や悪阻で寝てばかり…そんな時の夫の立ち振る舞いを教える

スポンサーリンク

f:id:Represent:20180402162611p:plain
妊娠中にゴロゴロしているのはだらけているわけじゃねーぞ


どうも。「テラカワ」です。



妻が切迫流産や悪阻でダウンしている時の夫の正しい立ち振る舞いの説明です。


これ、少しでも妻への対応を間違えると大変なことになります。俗に言う産後の恨みってやつですね。



発言小町や知恵袋では妊娠中の恨みネタで夫叩きが後を絶ちません。



まぁ多くの場合は夫に100%非があるパターンですが。



つわりで苦しんでいる妻に接するポイントは

  • やさしい言葉をかける
  • 家庭内で労働させない

この2点に尽きます。


関連記事:産後の恨みは一生続く?恨みをかう具体的な行動をピックアップ! - てらレペっ!

スポンサーリンク



「インフルエンザ」に置き換えると立ち回り方が想像しやすい

男って妊娠も出産も経験できないからつわりの辛さを理解するのは不可能です。



その結果つわりで苦しんでいる妻に労働を押し付けてしまうんです。




それじゃあもし、「自分がインフルエンザを患った」と考えてみてください。いやもうインフルじゃなくてもノロウイルスや急性胃腸炎でもいいです。



自分が辛い病で苦しんでいる時、妻にはどうして欲しいですか?

  • 家事はやっておいてほしいですよね?
  • 子供のめんどうくらいは見てほしいですよね?
  • 暴言を吐かれるとムカつきますよね?

リアルに想像してみましょう。



そしてそれらを逆の立場に置き換えて家庭内で行動していればまずトラブルは避けれるでしょう。

間違っても妻に何か求めてはいけない

上記のことを念頭にすれば妻に家事や育児を押し付けることはできないはず。



だって自分がインフルエンザで苦しんでいる時「飯つくれ掃除しろ洗濯しておけ子供のめんどうはみろ」って言われり、やらされたりしたら一生恨みますよね?



だからつわりで苦しんでいる時ぐらい家の事は夫がやりましょう。



が、「切迫流産だからって寝てばかり…」って思う鬼畜な男性って一定数いるんですよねぇ。



そんな思考に陥ってしまったらせめて奥さんを放っておいてあげましょう。




本人に「なにかしてもらおう」って言葉にしなければセーフです。

関連記事:【おかしい?】夫の育児に対して「手伝う」が禁句な理由【失言?】 - てらレペっ!

スポンサーリンク



長期戦でもイライラするなよ

さっきは「インフルエンザやノロウイルスに置き換えろって」話したけど悪阻の辛さは2~3ヵ月続くから要注意。



期間の長さが桁違いなんですよ。




その長さゆえ、夫の「妊娠初期の労わる気持ち」も時間と共に薄れていくんですよね。



とは言っても妻は毎日子供をお腹の中で育てるために苦しんでいます。




妻が寝てばっかりなんて妊娠中のほんとうに一時なので優しさを継続しましょう。

夫が優しくすると、妻も優しくなる

妊娠中や産後の恨みは一生続きます。逆に妊娠中や産後の感謝も一生続きます。



夫婦間の信頼が高まれば個人の自由度も高まりますよ。



我が家の場合、お互いに普段から家事や育児を協力しています。そうすると自然に譲り合って別々に出かけたり休んだりするようになりました。


だからわたしは大好きなお酒を飲みに行くペースは昔とあまり変わりません。



妻に優しくすると自然と見返りがくるものです。


関連記事:夫が妻子を置いて友人と海外旅行に行くのはアリ? - てらレペっ!


関連記事:既婚者は遊んではいけない風潮は非合理的な精神論でしかない - てらレペっ!


関連記事:産後、夫は飲み会に行ってはいけない論は夫婦の信頼関係の問題 - てらレペっ!