てらレペっ!

パパブロガーです。20代30代の読み物【てらレペっ!】運営中。夫婦円満かつ自由に生きることに全力を注ぐアラサー。日々の出来事や感じてる事をつづっています。

てらレぺっ!

MENU

結婚するのに交際期間の長さはまったく関係ない説

スポンサーリンク

f:id:Represent:20171214004934j:plain
どうも。「テラカワ」です。


今の日本って9割くらいが恋愛結婚です。全くと言っていい程お見合い結婚の話題とか聞かないですよね。


結婚を考えている人は少なからず「交際期間」を気にしますよね。ということで「結婚するのに交際期間はまったく関係ない説」を記事にしました。

関連記事:いつまで独身?結婚願望がある男性はハゲる前に結婚しましょう。 - てらレペっ!

スポンサーリンク



多くの人は2年~3年の交際期間で結婚している

いろんなところのアンケートで立証されています。実際にわたしの身近でも交際期間が2年~3年で結婚するカップルが多いです。個人的な見解ですが結婚までに3年かかるのは長いなという印象ですね。


結婚願望が強いのであれば何年も交際期間を続ける必要はありませんよ。本当に結婚したいのであればサクッと結婚しちゃいましょう。

交際期間が短いデメリットは特にない

ほんとうにデメリットは特にないんですよ。あえて言うなら周囲の目くらいじゃないですか?結婚はパートナーと家族で決めることなんで気にしなくていいんです。完全に主観でオッケーです。


「結婚相手として見極めるのに時間が必要でしょ?」みたいな意見もありますがあんまり重要じゃないです。一昔の人達はよくわからない相手とお見合いでサクッと結婚していました。それでも多くの夫婦は円満な家庭を築くことができていましたからね。


しいていうなら

  • 仕事
  • ローン
  • 居住地
  • 子供
  • お互いの家族

の価値観を知っておけば十分です。数回飲みに行けばわかっちゃいますよね。

結婚するにあたって交際期間の長さに意味がない理由

カップルとして交際するのと、夫婦として一緒に生活することは土俵が違います。交際期間中に思い描いていた結婚生活と実際の結婚生活のギャップは誰しもが経験する問題です。


それらの問題を乗り越えるために何度も軌道修正を繰り返す訳ですが、気づいた時にはお互いに結婚前の価値観とは全く別に変わってしまうんです。


だから「交際期間中に相手を知る」ってあんまり重要じゃないんです。どっちかっていうと「相手を裏切らない覚悟」みたいなのが重要ですよ。

結婚のタイミングは人それぞれ

半年で結婚しようが5年で結婚しようがなんでもいいんです。「結婚したいけどまだ早いかな?」みたいな心配になる必要はありません。結婚したいなら別に早くても結婚しちゃえばいいんですよ。結局は主観ですから。


結婚生活がうまくいくか失敗するかなんて結婚してみないとわかりません。心配ばかりして婚期を逃すのが一番の損失です。