てらレペっ!

パパブロガーです。20代30代の読み物【てらレペっ!】運営中。夫婦円満かつ自由に生きることに全力を注ぐアラサー。日々の出来事や感じてる事をつづっています。

てらレぺっ!

MENU

海外旅行に激安で行く方法!費用を抑えるためのポイント6選

スポンサーリンク

f:id:Represent:20180123022646p:plain
どうも。「テラカワ」です。


「海外旅行は高くて行けない!」そう思っている人は多いのではないでしょうか?けどこのご時世にそんなことはないんです。国内旅行より安く海外旅行に行く方法はたくさんあります。


海外旅行を格安で済ませるためには現地で使う費用を抑えること、航空券を安く手に入れることが必須です。このことを念頭に海外旅行の費用を抑えるための6個のポイントを紹介します。

スポンサーリンク



海外旅行ハイシーズンは避ける

激安で海外旅行に行くための前提条件です。ハイシーズンは航空券やツアーの価格が高騰します。


日本の海外旅行ハイシーズンとは主に

  • 年末年始
  • ゴールデンウィーク
  • 7月・8月


です。それとは別に渡航先によってハイシーズンが若干変わる場合があるので気を付けてください。絶対にハイシーズンは避けましょう。

個人手配の価格と旅行会社のツアーの価格は必ず比較する

個人手配とは航空券と宿泊先を自分で手配して旅行に行きます。海外旅行初心者でもExpediaを利用すればスムーズに予約できるでしょう。


個人手配と聞くとハードルが高いと感じてしまいがちですが、全くそんなことはありません。実際にわたしは2回目以降の海外旅行はすべて個人手配で行っています。


旅行会社のツアーはJTBHIS阪急交通社の大手3社は必ず比較しましょう。セール中のツアーを見つけ、個人手配の価格と比べてみましょう。JTBは若干高級志向ですが、HISと阪急交通社は価格で勝負している会社です。


わたしの経験ですがツアーよりも個人手配が圧倒的に安い場合が多いです。航空券や宿泊先を自由に選べる分、格安にカスタマイズすることができるんですよねー。

関連記事:Expediaの評判は?実際に利用したらかなり便利なサイトだった

飛行機はLCCを利用する

LCCとは格安航空会社のことです。ANAやJALなどの大手に比べて航空券の価格はかなり安いです。その分サービスの質は落ちますが・・・


具体的には

  • 機内が狭い
  • 荷物を預けるのが追加料金
  • 機内食は追加料金


くらいですかね。格安で航空券を購入するためにこれくらいは我慢しましょう。


またかなりの頻度でセールを行っています。傾向としては週末が多いようですね。それぞれの航空会社のTwitterやFacebookで航空券のセール情報を発信しているので必ずチェックしましょう。


わたしは航空券を購入する時はExpediaか航空会社のサイトのどちらかを利用しています。乗る飛行機を自分で選ぶのも旅の醍醐味です。

航空券は出発日の6週間~8週間前に購入する

航空券の価格は出発日が近くになると高くなる傾向にあります。旅行の日程が決まったらなるべく早く航空券を購入しましょう。


出発日の6週間~8週間前だと安く購入できます。逆に出発日直前だとそれらと比較にならないくらい高い価格で販売されます。

宿泊先にゲストハウスを利用する

ゲストハウスは簡易宿泊施設です。ホテルと比べかなり格安です。1泊あたり1000円~3000円で済ませることができます。ちなみゲストハウスもExpediaから予約。


ちなみに海外旅行に慣れていない女性はゲストハウスを利用するのは避けた方がいいかもしれませんね。ビジネスホテルに比べ不衛生だったりスタッフの対応が悪いことが多いです。あくまで簡易宿泊施設ですから。


また個室ではなくドミトリータイプ(相部屋)のゲストハウスも多く存在します。もちろん日本人だけでなく世界中のバックパッカーと部屋を共にすることになります。

関連記事:香港のゲストハウス「重慶大厦」で宿泊する際に注意することまとめ

スポンサーリンク



スマホはフリーWiFiのみで利用する

スマホの設定で「データローミング」は必ずオフにしておきましょう。データローミングとは渡航先でも日本と同じようにデータ通信できますがかなり割高なので利用は控えた方がいいです。


価格はどのキャリアでも日額で約3000円くらいかかります。3泊4日だと12000円くらい。結構きつい出費ですね。


出国前に渡航先のWiFi環境は必ず調べておきましょう。空港・駅・ホテル・ゲストハウス・飲食店などそこら中にWiFiが飛んでいるはずです。




まとめ

激安海外旅行のコツは航空券代と滞在費の削減です。


安く海外旅行に行くには旅行会社のツアーと個人手配の場合の費用と比較してください。わたしの経験では個人手配の方が安く済みました。


個人手配のデメリットとして旅行中のトラブルは自己責任となります。主に考えられるのは航空券の購入トラブルでしょうね。

  • 航空券を購入した時のパスポートのスペル間違えた
  • 購入した便を間違えた

これらを気を付ければ個人手配でも問題なく海外旅行に行けるでしょう。