てらレペっ!

パパブロガーです。20代30代の読み物【てらレペっ!】運営中。夫婦円満かつ自由に生きることに全力を注ぐアラサー。日々の出来事や感じてる事をつづっています。

てらレぺっ!

MENU

会社の飲み会=オワコンって認識が正義みたいな風潮おかしくない?

スポンサーリンク

f:id:Represent:20171218172336p:plainどうも。「テラカワ」です。

ここ数年、会社の飲み会には行きたくないという声が多く取り上げられるようになりました。2ちゃんねるやテレビ、雑誌。またはブロガーさんの記事でも会社の飲み会をよく批判しています。


まぁ実際は会社の飲み会って楽しいことばかりじゃありませんよね。好きな人とだけ飲むわけじゃないんですからしょうがないです。偉い人、理不尽な人、仕事ができない人、優しい人、色んな人がいるからストレスも大きいでしょう。


が、しかし頭ごなしに「会社の飲み会=オワコン」「会社の飲み会=非生産的」みたいに決めつけてしまうのは、職場の人間関係を構築する上でマジでもったいないことです。

スポンサーリンク


会社の飲み会は社内の人間関係構築をする大切な機会


飲み会に参加する最大のメリットは社内での人間関係を潤滑にするということです。別に飲み会の席でへこへこお酌をして、気難しい上司の説教を聞けばいいというわけではありません。


普段言いづらい事や、仕事中に話せなかった事を話す事で信頼関係が生まれます。自分の仕事がうまくいってない時に助けてくれるような関係を構築するのが理想です。いい関係がないと仕事の結果でしかあなたを判断する材料がありません。

飲み会=悪と思っていると自分が痛い目に合う


あなたを飲み会に誘ってくれる上司や同僚は、飲み会を通していい関係を築きたいと少なからず思っています。その善意に対して

  • 残業代はでますか?
  • 強制参加ですか?
  • 行きたくありません

などと角が立つような言い方で返すのはナンセンスですよね。

飲み会は仕事でもなければ強制参加ではありません。これは正しい事実ですが、断る時の返事が相手にどういう影響を与えるのか?っていうのを考えられるのが社会人です。


あたかも飲み会の誘いを断るのが正しいみたいな風潮がネットで広まっています。しかしそれを鵜呑みにしているとマジで痛い目にあいますよ。

ただ毎回の誘いに応える必要はない


とはいえ金銭的、体力的、家庭的に毎回誘いに応えるのはきついです。面倒な上司とお酒を飲むのも疲れますしね。そういう時は角が立たないように断りましょう。わざわざきついのに飲み会で消耗する必要はありません。


ただ3回誘われたら1回くらいは参加しろって話です。繰り返しになりますが飲み会の誘いは善意です。表面上でも他人の善意に応えなければ人間関係は面倒になります。


ネット上の記事では飲み会に参加する必要ないという記事が氾濫しています。しかしそれはあくまでネットの中の話です。現実はそんなあまくありません。