てらレペっ!

パパブロガーです。20代30代の読み物【てらレペっ!】運営中。夫婦円満かつ自由に生きることに全力を注ぐアラサー。日々の出来事や感じてる事をつづっています。

てらレぺっ!

MENU

22歳を過ぎたら同窓会に出席するメリットなんてマジでないぞ。

スポンサーリンク

f:id:Represent:20171214010648j:plainどうも。「テラカワ」です。


年末が近づくと忘年会や同窓会の誘いが多くなりますよね。私は忘年会は大好きなんですが同窓会やクラス会が大の苦手です。


かつての久しぶりに会うのが、なぜかとても億劫になるんですよねー。飲み会が終わり、家に帰ってくると「つかれたー」ってぐったりすることがほとんどです。


そこで私が実際に感じたもう同窓会に行かなくてもいいやって思った理由を紹介するよ!

スポンサーリンク



仲が良いわけではない人と飲まなきゃいけない


同窓会に行く前は

「話せる人いるかな。。。?」
「緊張するな。。。」

とか思って会場に向かう人は多いはず。でも同窓会って当時はあまり話したことがない人とも自然と話せる不思議な空間なんですよねー。


同窓会に向かう前の不安はすぐに払拭されます。


ただし


当時はあまり話したことがない人とか現在は付き合いがない人と2時間~3時間もお酒飲み続けるのって結構苦痛なんですよ。


会話も無難な内容や近況報告みたいな感じで盛り上がりに欠けます。現在付き合いのある友人や会社の忘年会の方がマジで気楽ですよ。

ステータスが違うから話が合わない


学生の頃の同窓会と社会人になってからの同窓会は全く違います。特に公立の小中学校の同窓会は「社会の縮図」です。


学歴、仕事、給料、結婚、趣味みんながみんな違います。そんな人たりが一同に集まるんですからそりゃカオスですよ(笑)



普段の私達は無意識のうちに同じようなステータスや境遇の人としか繋がりを持とうとしません。敏感な人は近況報告=自慢大会みたいになっちゃいます。

当時のスクールカーストが消えていない


みなさんの学校にはスクールカーストは存在しましたか?誰が決めたわけでもなく、学校生活の中で自然と出来合ってしまうカースト制度です。


モテる人物やリア充などが第1グループ。普通の人。目立たないがみんなと仲良くできる第2グループ。地味で暗い第3グループ。小中学生の時代を振り返れば心当たりがある人は多いでしょう。



同窓会ってリア充グループが企画、開催してくれますよね。だから本当に盛り上がってるのリア充グループだけなんですよ。残念ですが、それ以外の人は所詮引き立て役なんですよ。

会費が高い


同窓会の会場はホテルやレストランが選ばれますよね。会費は5000円~10000円くらいが相場となります。


「楽しみで楽しみでしょうがない!」って人はいいですが、そうではない人。行くか行かないか迷っているような人だとかなりの負担なんですよねぇ。

まとめ

以上のことを踏まえると同窓会って結構ストレスが大きいんですよ。同窓会を期に付き合いが始まるとかも私自身求めていませんしね。


そう考えると「同窓会に参加する意味って?」て考えてしまいます。現在付き合いがある人や本当に仲のいい友人だけで飲み会を開くのが一番楽しいのかもしれませんね。