てらレペっ!

筋トレ・ガジェット・ゲーム・子育て・旅行などをテーマにした雑記ブログ

てらレぺっ!

【おすすめ】UMB本戦の歴代面白かった大会ランキング発表するよ!

2018年11月更新
f:id:Represent:20171214005731p:plain
どうも。「テラ」です。


2015年からテレビ朝日系で放送開始されたフリースタイルダンジョンや、BSスカパーで放送されたBAZOOKA!!!で放送された高校生ラップ選手権をきっかけにMCバトルがちょっとしたブームとなりましたね。


MCバトルの歴史を辿るとフリースタイルダンジョンや高校生ラップ選手権が放送される前は、Libra Records主催の「UMB」という大会がMCバトルの中心でした。


UMBは2000年前後に行われていたB-boyparkのMCバトルと比べ、フリースタイルの質やレベルを格段に上げた大会と言えるでしょう。


現在のテレビで見れるMCバトルと、2010年前後のUMBのMCバトルの熱気は明らかに違います。MCバトル好きなら過去のUMBは絶対に見るべき!


ということで今回の記事ではUMB本戦の歴代面白かった大会ランキングを紹介します。

スポンサーリンク



1位,UMB2010


私が選ぶUMBの本戦の中で一番面白い大会は2010です。


この頃のUMBはアングラ感があり現在のMCバトルとは全く違う空気がありますね。具体的にどういうことか説明するとネタっぽさが少ないことですね。


今流行りの小節の最後で無理やり韻を踏むMCは少なく、ほとんどのバトルは即興の要素がかなり強いく見ごたえがあります。


UMB2010のおすすめのバトルは

  • 晋平太 VS R指定
  • 晋平太 VS JAG-ME
  • 晋平太 VS FEIDA-WAN
  • FEIDA-WAN VS DDS

晋平太とR指定のバトルはUMB史上最高のバトルなんじゃないかなと思います。もちろんわたしも晋平太VSR指定のバトルを見てMCバトルにハマった身です。
 

個人的に2010大会ではFEIDA-WANが一番面白いMCでした。相手をDISるワードセンスがナンバーワンです。


ラップとしてのクオリティは晋平太やR指定には劣りますが即興性とユーモアは素晴らしいです。決勝戦ではださ強い晋平太のスキルの前に圧倒されてしまいました。

2位,UMB2008


この大会はバトルのレベルが高いこと以外にも見どころがたくさんあり、ストーリー的にもっとも面白い大会でしょう。


UMB2008で起きた出来事と言えば

  • HIDADIYがラーメンドッグに勝ってしまう
  • 智大がセコンドに蹴られる
  • 般若がしろくまにガチギレする
  • 般若の優勝


HIDADIY VS ラーメンドッグはUMB史上最大の誤審なんじゃないかな?2008は大阪開催だから多少はHIDADIY有利…なんてレベルじゃありませんでした(笑)


智大が小節を忘れてバトルの途中でセコンドに蹴りを入れられる姿を見て笑ってしまった人も多いことでしょう。


しろくまが般若にガチギレされて、判定の瞬間はついついしろくまに同情してしまいまいした。そしてHIDADIYとYASを倒し般若の優勝…


とにかくいろいろと問題が多いく、とてもドラマティックな大会なのでMCバトルの歴史を語る上で絶対に見る必要があります。

3位,UMB2014


たぶんここ最近MCバトルにハマり始めた人が一番面白いと思う大会がUMB2014でしょう。


MCバトルのレベルの高さで言ったら間違いなく2014が一番ハイクオリティですね。有名なバトルMCが多く参戦し、とにかくスキルフルな試合が多い大会です。


1回戦目が仕組まれたかの如く「UMB常連VS初出場or低知名度」の対戦が続くので、グダグダな試合が少なく飽きずに見ることができますね。


優勝したR指定も1回戦目から決勝まで楽な試合が一試合も無いのも見どころです。


ベスト8以降は「これぞUMB!」という感覚にさせてくれるMCが揃い、頂上決戦感が他の大会と比べものになりません。


近年のMCバトルの第一線で活動しているMCが多いため、MCバトル観戦歴が浅い人でも「だれコイツ」と思うMCが少ないの楽しみやすいと思います。

スポンサーリンク



さいごに

ということでわたしがおすすめする歴代UMBランキングは

  1. UMB2010
  2. UMB2008
  3. UMB2014

でした。


特にUMB2010とUMB2008は現在のMCバトルとラップの内容や会場の雰囲気が全く違うので、フリースタイルダンジョン勢には必ず見てもらいたい大会です。


UMB2010とUMB2008はスキルに依存していない大会なのでワードチョイスがとにかく強烈。今のMCバトルの流行りの「最後の4小節で踏みまくる」みたいなことなしでパンチラインが生まれています。


ちなみに2015年以降のUMBは大会の魅力が少なくなりましたねー。というかMCバトル全体に言えることですが。


「HIPHOPの一部であるMCバトル」が「MCバトルが独自の文化を構築している」って感じ?最近のMCバトルの盛り上がりを見ていると「もうHIPHOPしゃないくていいじゃん」と思っちゃいますね。


というモヤモヤはこちらの記事にまとめてあるので合わせどうぞ。
www.tera-represent.com

なにはともあれUMB2010とUMB2008はMCバトルファンなら必ず見るべし!