てらレペっ!

パパブロガーです。20代30代の読み物【てらレペっ!】運営中。夫婦円満かつ自由に生きることに全力を注ぐアラサー。日々の出来事や感じてる事をつづっています。

MENU

二世帯住居で生活して5年が経ったので4つのメリットを伝える

スポンサーリンク

f:id:Represent:20180324172618p:plain
どうも。「テラカワ」です。



二世帯住宅で生活を始めてそろそろ5年が経ちます。



わたしは結婚を期に実家の敷地内で家を増築し、二世帯住宅での生活をスタートさせました。



結婚当初、妻はわたしの実家での同居生活に難色を示していました。まぁ当たり前ですよね。



わたしは実家で自営業を営んでいたのでなるべく実家で暮らしたかった二世帯住宅はお互いの妥協点として決定しました。


というわけで今回の記事は「実際に二世帯住宅に住んで感じたメリット」です。

スポンサーリンク


前提条件として我が家は完全分離型

一言で二世帯住宅といって色んな形の二世帯住宅があります。



今回の記事で二世帯住宅のメリットを説明する上で大切なことなんですが、我が家は「完全分離型」の二世帯住宅です。


完全分離型というのは

  • 生活スペースが離れているのでお互いにプライバシーが守らている
  • もちろんキッチンやお風呂も別
  • 玄関も別


イメージとして実家の敷地内に一戸建て住宅が建っている感じです。税金対策で実家とは廊下でつながっていますが。



家によってはキッチンなどを共有するタイプや、寝室を増築しただけなど形は様々です。



土地と予算に余裕があるなら完全分離型がおススメですよ。同居でのストレスは極力抑えられます。

1・一戸建てより経済的

二世帯住宅は一戸建てに比べて経済的ですよー。



増築の場合、新しく土地を購入する必要はありませんし。今ある家に手を加えるだけなので安くすみます。




もし家が気に入らなければ将来的にリフォームなどでして再利用しちゃいえばいいんです。資産は持っておくに越したことはありません。




新築の二世帯住宅の場合でも親世代と子世代の折半になるでしょうから初期費用も圧倒的にお得なはず。

2・育児の負担が軽減される

育児は二世帯住宅の最大のメリットです。



そもそも核家族での育児って相当ハードなんですよ。ましてや夫が育児に参加しないワンオペ育児なんて無理ゲーです。



二世帯住宅だと育児に参加できる大人の人数が二倍ですからね。1回でも育児を経験した人ならこのメリットは理解できるはず。



育児をするのに人数が多いのに越したことはありません。



しかも共働きが当たり前のご時世です。



二世帯住宅だと保育園ではなく親世代に子供を預けて働きに出ることもできますし、ライフスタイルの選択肢がマジで増えます。

スポンサーリンク



3・生活スタイルの違いからのトラブルは起きない

これは完全分離型の二世帯住宅だから得れるメリット。



二世帯住宅とはいえ、我が家は生活スペースがまったく違うためプライバシーが守らています。



つまり親世代と子世代がお互いにどんな生活をしているかわからないんです。



だからお互いに干渉する余地がなく、親世代と子世代が衝突したことは5年間で一度もありません。

完全分離型の二世帯住宅は同居のいいとこどりなので本当におススメですよー。

4・万が一の時はサポートできる

いくら二世帯住宅と言えど「将来は介護しなきゃいけないのかな…」という不安は消えませんよね。



でもこれって逆もしかりで、自分たちに何かトラブルがあった時に助けてもらえるんです。




これ我が家の話なんですが以前、1ヶ月ぐらい妻が入院した時がありました。



わたしは仕事を極力まで減らして育児と妻の看病に専念しました。しかしどうしても外せない仕事もあるんですよね。


そういうピンチの時は親世代も一丸となってのサポートしてくれるのがいいところ。



仕事と病院に行くときは育児を気兼ねなく頼むことができましたし、二世帯住宅じゃなければ我が家は崩壊していた可能性すらありました。

まとめ

育児や子育てのことを考慮すると二世帯住宅はマジでおススメです。



頭ごなしに「同居はやだ!」なんて強がった結果、育児で詰むなんてことはあるあるです。