てらレペっ!

パパブロガーです。20代30代の読み物【てらレペっ!】運営中。夫婦円満かつ自由に生きることに全力を注ぐアラサー。日々の出来事や感じてる事をつづっています。

MENU

退職したばかりの新米ニートへ。絶対にアルバイトなんか始めるなよ

スポンサーリンク

f:id:Represent:20180213115846j:plain
どうも。「テラカワ」です。


転職活動をせずに「とりあえず退職した」っていうニートは若い人に多くいると思います。新卒で入った会社をすぐ辞める人なんかは特にそうですよね。(わたしです)


勢いで仕事を辞めた結果、その後の身の振る舞いを考えずに漠然と「これからどうしようか」って考えている人へ。





アルバイトだけは絶対にするなよ。マジで抜け出せなくなるぞ。




スポンサーリンク



ニートはバイトしてはいけない

ニート期間のアルバイトはオススメできません。そもそもニートがアルバイトを始めたらフリーターという身分になるんですがね。


当たり前ですが「いつまでもニートでいいや」って考えている人はいませんよね。働きたくないと思いつつも頭の片隅で、現在の生活の維持や将来に対する不安を抱えています。


そこで安易にアルバイトを始めることは根本的な解決にはまったくなりません。むしろ状況を悪化させるのでフリーターになることは要注意ですよ。

フリーターから抜け出せなくなる

マジでアルバイトの落とし穴ですよ。フリーターってその場しのぎでお金を稼いでいるだけですからね。一生アルバイトで生計をたてていくわけじゃないですよね?そうじゃなければ問題を将来に先延ばししているだけです。


アルバイトをする具体的なデメリットとして

  • 時間が無くなり再就職に遅れをとる
  • 一時的ではあるが「お金を稼いでいる」という現状に満足してしまう
  • 直近の生活費は稼げるので将来への不安を感じづらい


ニートとあまり状況が変わっていないにもかかわらず「今のままでいいや」って思えてしまうのがフリーター最大のデメリット。気が付いたころには30代になっていたとか人生ハードモード過ぎますよ。

キャリア形成にならない

スポンサーリンク



アルバイトって所詮時間をお金に換えているだけなんですよ。しかも誰でもできる作業を。自分の実力が評価されることはないので、何歳になっても学生と同じ時給で働かさせれるだけです。


もちろんキャリア形成やスキル取得という観点からしてもアルバイトは弱いですよね。自分の能力としての資産を築くことができず、無能のまま年をとるのは危険すぎます。

フリーターに転身することで、同年代の仕事をしている人の差は広がるばかりです。アルバイトを探す前に正社員の求人を探すのが吉ですね。

早めに正規雇用を目指した就職活動

退職したのち、しばらくニート生活を楽しんだら正社員の仕事を探すのが一番現実的な選択でしょう。ニート生活もけっこう貴重な経験なので期間を決めてニートをする分には充実しますよ。


インターネットには「会社勤めしなくてもフリーランスで十分稼げる」みたいな記事がたくさんありますが、あれは能力のある人の選択肢です。本気で「自分で稼ぐ力をつけたい」って思っている人はいいかもしれませんが。