てらレペっ!

パパブロガーです。20代30代の読み物【てらレペっ!】運営中。夫婦円満かつ自由に生きることに全力を注ぐアラサー。日々の出来事や感じてる事をつづっています。

MENU

2階の寝室で就寝中に火災が起きたらどうやって脱出するの?

スポンサーリンク

f:id:Represent:20180210160648p:plain
どうも。「テラカワ」です。


一戸建ての場合、2階を寝室にしている家が多いのではないでしょうか。たまーに不安になるんですが




就寝中に1階で火災が起きたらどうすんのよ





真面目に不安になります。だって火って下から上に昇ってくるでしょ?階段で1階まで降りて玄関から逃げるって怖いですよね。当たり前ですが2階は1階に比べ避難経路が遠いんです。


2階の窓やベランダからダイブも恐ろしいですね。死にはしなそうだけど骨折とかの可能性は高いです。


火災は本当にいつ起こるかわかりません。もしもの時に備えて「どのように行動するか」というのを考えておかないと実際に火災が起きた時に避難が遅れてしまいます。

スポンサーリンク



玄関や出口が近い場合

初期火災で自力での消化が不可能だと判断したら急いで逃げましょう。火の回りは早いので素早い判断と行動が必要です。

セオリーっていうか常識ですが

  • 口をハンカチで覆う(煙を吸わないため)
  • 姿勢を低くする(低いところは煙が少ない)
  • 壁を触りながら進む(自分のいる位置を確認するため)

これらが無事に逃げるための重要なポイントです。


煙で視界が奪われたり、煙を吸うことでパニック状態に陥ります。安全に避難するために極力、煙を避けて行動しましょう。

玄関や出口から逃げられない場合

主に2階にいる時ですね。もし寝室にいる時の火災でしたら

  • 布団やマットレスを窓から落とし、そこに飛び降りる
  • 飛び降りる時は足から(頭からだと危険)

くらいしか逃げる方法はなさそうです。


救急隊の救助を待つことができれば1番安全です。しかし火災の燃え広がるスピードは速いためそれまで待てず、自力での避難を余儀なくされる場合が多いでしょう。


就寝中の火災の場合は、火災に気づくのが遅れ避難が難しくなります。パニックにならないために日頃からもしもの時の避難方法を考える必要があります。

避難はしご

わたしが調べた中で、もっとも安全に2階から避難する方法として避難はしごの利用が有効です。ベランダや窓にぶら下げるヒモのはしごです。

「飛び降りる」って怪我のリスクが結構高いんですよね。着地点が芝生ならまだしも、コンクリートの場合すこし失敗したら骨折の可能性があります。また小さい子供と一緒に避難することを考えると危険ですよね。


それら考慮すると最強の脱出アイテムは避難はしごでしょう。家に常備させておきたいですね。価格相場は10000円~20000円ほど。


毎日生活する自宅だからこそもしもの時の避難方法は明確にしておきたいですね。